対策する前にしっかり把握しておこう!首イボが出来る原因は?

入浴中に首を洗っているとイボのようなものが出来ているのに気づく事も少なくないでしょう。

首イボが出来ていると周囲の人に年齢より老けた印象を与えてしまうので早めに改善したいものです。

そこで首イボが出来る原因を挙げていく事にしましょう。

肌老化が進行している

年齢を重ねてきて35歳を過ぎてくるといろいろな部分で老化が進行していきます。

特に肌老化の進行のスピードは早いもので水分量が低下して保湿力がなくなってきてしまいます。

それで肌が乾燥して免疫力も低下してしまうので首イボが出来てしまうケースも少なくありません。

肌老化が進行してくる事で首イボが出来る人も多いので日常生活の中でしっかり肌ケアをして首イボが出来ないようにしていきましょう。

摩擦が起こって刺激を与えている

首の皮膚は他の部位の皮膚と比較すると薄いので少し刺激を与えるだけで敏感に反応して角質化してしまいます。

首に刺激を与えているのは何かが原因で摩擦が起こっている事が多いです。

そこで首に摩擦が起こっている原因を挙げていく事にしましょう。

衣類の襟が接触している

仕事などでYシャツを着る事が多いですが、襟が首に接触する事もよくあるでしょう。

襟が首に接触している時間が多くなると摩擦が起こってしまい刺激を与えてしまう事は多いです。

特に首周りがきつめのYシャツを着ていると摩擦が起こって刺激を与えてしまうので注意しましょう。

首を強く洗っている

首は汗をかきやすい部位なので入浴中にしっかり洗う人も多いでしょう。

ナイロンタオルなどを使って強く洗ってしまうと摩擦が起こって刺激を与えてしまいます。

首を強く洗っているのも首イボが出来る事に繋がってしまうのでなるべく手で優しく洗うようにしましょう。

紫外線を浴び過ぎている

暖かい季節になると紫外線が強くなるので日常的に浴び続けていると皮膚にダメージを与えてしまいます。

それでメラニンが発生して色素沈着を起こすとシミになってしまいますが、その時に摩擦が起こって刺激も与えてしまっています。

首に出来たシミがイボに変わってしまう事もあるので紫外線を浴び過ぎないように注意する必要があります。

原因を取り除いて対策していこう

首イボが出来る原因はこのようにあるので対策する前にしっかり把握しておく事が大切になってきます。

原因をいつまでも放置していると首イボが増えてしまう事も多いのでなるべく早く取り除いて対策していきましょう。

また首イボが酷くなった時は皮膚科で診察を受けて治療する事も検討してみましょう。

関連記事