首イボの原因は?更年期になると増えてくるケースが多い?

首イボは更年期をむかえると増えやすくなるといわれていて、早い人だと20歳ごろから出始めます。
はっきりとした原因がわからないケースが多いものの、皮膚の擦れや紫外線の影響が大きいといわれていて、予防の鍵にもなっています。

首イボの原因は一体何?

首イボができる原因ははっきりとわかっていないものの、代謝の不良や外部からの刺激が影響するといわれています。
特に言われているのが以下の原因です。

・年齢による影響
・服やネックレスをつけることによる刺激
・紫外線
・ウィルス感染

ウィルス感染でイボができることはありますが、痛みがない場合は加齢や肌への刺激を疑うのが基本になります。

肌への刺激を避けることが首イボの予防になる?

肌への刺激がイボの原因となるといわれているのは、服との摩擦がおきやすい場所や、紫外線を受けやすい場所にできやすいからです。
イボは代謝の異常で皮膚の角質が肥大化したもので、中に脂肪がはいっているケースもあります。
注意したいのは完全に皮膚への刺激をなくすことができないことです。
紫外線の刺激はクリームなどで防げますが、百パーセント防ぐことはできません。
服を着ないという選択肢もないため、あくまでできる範囲で心がけることが重要になるのです。
刺激を避けても自然とイボができてしまう人もいるため、まずは健康的な生活を心がけるなど皮膚トラブルを避けるのが基本になります。

イボがではじめる年齢は人によって違う

人によってイボがではじめる年齢にも差があります。
若いうちから出てしまう人もいれば、年齢を重ねてから出る人もいます。
特に出やすいのが更年期を過ぎてからです。
ホルモンの分泌バランスがかわることで体の様々な影響を受けるため、皮膚にも影響が出やすくなるのです。
更年期の前からアンチエイジングで首イボ自体を防ぐという発想もあります。
健康的に日々を過ごせば皮膚の代謝も活発になり、突然変異のイボができることもなくなると言う考え方です。
サプリメントなどを活用しながら、発生自体を防ぐのも一つの発想なのです。

首イボは予防をすることが重要に

首イボは皮膚科などでとってもらうこともできますが、まずは予防することが大事です。
首への刺激が原因となることがあるため、なるべく刺激を避けて予防した方が良いのです。
加齢が原因の首イボは完全に防ぐことはできませんが、アンチエイジングなどで確率を減らせる可能性があります。
イボ用の薬と同じ成分を含んだサプリメントも販売されているため、チェックしてみるのもオススメです。

関連記事